2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« R.A.B. | トップページ | チベット体操 »

ドラリオン

ドキドキ、ワクワク♪行ってきました、『ドラリオン』♪

素晴らしかったです!きっと何年分か寿命が縮まったと思います。でも楽しい人生だった!じゃなくて楽しい舞台でした。

印象に残る演目がいくつもあるのだけれど、一番最初に魅了されたのは、グリーンの衣装の少女(?)が細長い棒の上で片手倒立していろいろなポーズをとっていく身一つの技。身体のパーツがありえない位置に曲がったりするんです・・・。そのポーズ、いったいどこがどうなってるの??と考えこむこと多々。もう思いっきり拍手しちゃいました。

『ドラリオン』では自然界を象徴する4つのエレメント(火・水・土・空)のキャラクターが登場します。どのエレメントの演目も素晴らしいのですが、中でも空族はエレガントでダイナミック、空間占有率と心臓バクバク度NO.1です!

空族の衣装は青。登場は変幻自在。天井部分にある丸い金属製のリングのようなところから突如青いドレープが落ちてきたかと思いきや、上から空族が降ってくる!(そう思うほど早いスピードで!)

かと思うとそのドレープに身体を巻きつけたりなんだりしながら自在にのぼったり、中空を斜めに横切ったり。空中ブランコでは空中でねじねじに回転し、飛び、舞う!観てて怖いけど優雅。このジレンマ、鳥肌、わかります? 

それからトランポリンの演目も素晴らしかったです。上から落ちて下のトランポリンで跳ねて上に戻ってくる様を観ていると、録画した映像を逆まわしで見ているかのような錯覚におちいりました。上から落ちているのが先なのか、下からジャンプしているのが先なのかわからないくらい、流れが自然でひとつの動きとしてつながっている感じなのです。

そして舞台装置が美しい・・・。気になるのは天井部分なんだけど、上ばっか観てると下から突然現れる人たちを見過ごしたりするのです。

それでもやっぱり天井部分のリングは抜かりなくチェックすることをオススメします!

ところでドラリオンも単なる題名だけじゃなく、ちゃんと登場しましたよ♪お正月に出てくる獅子舞のお獅子の顔をもっとかわいらしくすげ替え、全体にカラフルにして、毛皮チックな胴体のおしりをフリフリ踊らせるとドラリオンになります!かわいい~♪

結構ワーワーギャーギャーうるさく観てたけど、全然問題なくてうれしかったです。

私、結構ひとりでも行っちゃう人だけど、『ドラリオン』は誰かと観に行って、ワーワーギャーギャーした方が楽しい気がします。(あとからこんな風に文字で書いてもねー)。一緒に行けたIさんがそんな風に楽しんでくれる人だったのも幸いでした。

ありがとう~\(*^▽^*)/Rimg0160

チケットプレゼントしてくれたケフィアヨーグルトさんにお礼の手紙を書こうと思います!

« R.A.B. | トップページ | チベット体操 »

舞台芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« R.A.B. | トップページ | チベット体操 »