2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 蠍座の新月 | トップページ | The New Beginning for Love »

合わせ鏡

ここからは10日のオーラソーマの続きです。ボトルをいじっているうちに今度は生命の木Treeoflife_2 Rimg0110_3 が見たくなって床に大きな木を作ってみました♪

生命の木はユダヤ教の伝統と思想であるカバラの根底にある鍵となる図形であると言われています。オーラソーマのイクイリブリアムボトルと生命の木には様々な繋がりがあって、レベル3のコースでその一端に触れることができます。あまりに奥深く、すべてを理解するのは困難だけどそのおもしろさは感じることができました。

生命の木には10個のスフィア(図の中の○の部分でそれぞれ名まえがある)と、そのスフィアをつなぐ22本のパスがあります。この図は平面ですが、実際の生命の木はこの形が3層構造になっていて立体的です。このスフィアとパスのそれぞれに対応するボトルやタロットカードがあります。

10日に選んだ4本+αのボトルとタロットカードを並べてみたのが上の写真です。

Rimg0111_2 おもしろかったのはマルクトからイエソドを繋ぐライン。マルクト(王国)は生命の木の一番下のスフィアです。木が立ってるとこを想像してもらうとわかるように、マルクトは地面にいちばん近い。生命の木がグラウディングするところと言われています。ここに対応するボトルのひとつがNo.27ロビン・フッド、私が先回使ったボトルです。(ボトルがないので対応するタロットカードだけ置いてみました。)

次に使おうと思っていたNo.28メイド・マリアンはその上のイエソド(基礎)のスフィアに位置するボトル。そして今回4本選んだうちの2本目No.21は、ロビンとマリアンがいる2つのスフィアを繋ぐパスに位置するボトルだったのでした。

No.21のボトルをはさんでロビンとマリアンが向かい合っているように見えますが、タロットカードを見るとそれがもっと印象的に描かれています。

Rimg0109_3  ロビンのカードには、緑色の服を着たロビンが描かれています。彼が見上げる先にはマリ アンの待つお城があって、その向こうには希望の虹がかかっています。お城の窓をよく見るとマリアンらしい人影がちゃんと描かれているんだよね。一方マリアンのカードは、赤いドレスを着たマリアンがお城の窓から、今まさにこちらに向かって歩いてくるロビンの姿を眺めている様子が描かれています。同じ情景を視点を変えて映し出しているようです。

マリアンのいるイエソドは生命の木の9番目のスフィアで、9は鏡の役割を果たす数とも言われています。2枚のカードは合わせ鏡のようだけど、登場人物や風景は同じでも感じる人によってその見方は違ってくるし、対象物を通して見なければ自分の姿ですら客観的には把握できないということを表しているようで、おもしろい!しつこく出ていた逆バージョンのヒントも案外この辺にあるかもしれないね。

というわけで、No.28を使うのは後にして、この生命の木の流れのとおりNo.27ロビン→No.21→No.28マリアンで行ってみよーと思います♪

« 蠍座の新月 | トップページ | The New Beginning for Love »

オーラソーマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蠍座の新月 | トップページ | The New Beginning for Love »