2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« ロビン・フッドの冒険 | トップページ | ヴィジョンのかけら »

スターダスト

毎度のことながら、ちゃんとした映画評はどっかよそで読んでね~。今回はまた一段と人物に偏った感想になってます。そしていろんな意味でとにかく古い!

220pxrobert_di_nero_actor_ralph_lau さて!『スターダスト』!この映画を観たかったのはなんといってもロバート・デ・ニーロが出演しているからです。デ・ニーロ大好き♪とはいえ出演作品でみたことあるのは『ゴッドファーザー』と『ボーイズ・ライフ』『マイルーム』くらい。役がうまいと思います。けど、それよりなにより、味わいある表情が大好き!年をとってその傾向にさらに磨きがかかった気がします。

今回の役どころは一見超カッコイイ渋キャラ、キャプテン・シェイクスピア。空賊荒くれ男たちの手前男らしくキメてはいるものの、実はとってもイギリス紳士で、ひとりこっそり女装を楽しむ(どこがイギリス紳士か?)、お茶目なキャラクターなのです。それが苦心して隠してるつもりの部下たちにバレバレなんだけどね。いや~、ひらひらの女物下着を着て、ドレスを次々当てながら楽しそうに踊るデ・ニーロ、笑えました。これだけでも観にいく価値があります!

327707view004_2 あとよかったのが、ストームホールドという魔法の国の7人の王子たち。王位継承を巡って 兄弟で争うんだけど、死んでも亡霊(ゴースト)になって登場するのです。しかもゴーストの姿は死んだ時の状況のまま。ある者は頭に斧が突き刺さってるし、ある者は高いとこから落ちて顔がひしゃげてるし、ある者は入浴中に首かっ切られて死んでしまって素っ裸。生きてるうちは結構あくどい騙しあいをしているのに、死んでからは仲良く生き残った兄弟を見守ったりして、ふーん、やっぱ兄弟じゃーん、と思わせるところもあり。注:ただしフツーの兄弟愛ではなく、かなりスパイスと皮肉がきいてます。

こうしてデ・ニーロを堪能し、ゴースト7人組と魔女3人組の毒気ある笑いも楽しみ、主演のチャーリー・コックスは笑顔がいいなあなどと、楽しくエンドロールを眺めていたところ、画面の真ん中を流れていく文字に目が釘付けになりました。

                      Peter O'Toole

ぬわに~!!!!

ピーター・オトゥール~?????

頭の中を今見た映画の画面が早送りのように再生されます・・・。

どこどこ?いったいどこで出た?

年から言っておじーさんの役のハズ。ああ!でも思いつかないっ。

慌てて映画館を出て、ショップに直行してパンフレットを読みました。そしたらあったー!ピーター・オトゥールはあの7人の王子のお父さんである王だったよ。死の直前のほんの1シーン。自分の子どもをだまして高い塔から落ちるよう仕向ける役ね(^^;)。

Hhl12058_2 ピーター・オトゥールは小学生の頃からのファンです。TVで観た『アラビアの41309rsz150 ロレンス』にハマってしまいました・・・。その頃好きだったのが、ピーター・オトゥールと尾崎紀代彦。(どんな子ども~?!)オトゥールさんは目にヤラレ、尾崎さんは声にもってかれてました。

いや~2人とも今ではいいおじいさまです(^-^*)

しかし!こんなおジイばっかのシブすぎる感想でいいのだろうか・・・。物語まったく無視!だし。

でも大満足で帰って来たのだからよしとしよう!

« ロビン・フッドの冒険 | トップページ | ヴィジョンのかけら »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ロビン・フッドの冒険 | トップページ | ヴィジョンのかけら »