2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« トリコロール | トップページ | Rock!Rock! ・・・少し演歌? »

区切りなく空が広いところ

今日から父が2週間の入院をするため、病院へ行って来ました。本人の名誉の為(?!)詳細は伏せますが、たいした入院ではないのです。でも思い出せる限りで父が入院するのははじめてだから、ちょっと思うところもあったりなかったり。(どっちじゃ!)

病室に着いてすぐ、看護師さんから「同意書にサインを頂けますか?」と何枚か紙を渡されました。父がちょっとおどけて「70歳以上は子どもとおんなじなんだよなあ。本人がいっくらしっかりしてても、若いモンのサインがいるんだと。」

そうだった・・・。今年父は70歳になったんだね。去年までいらなかったものが、今年はたくさん付きまとってくる。母だけじゃなくて私の連絡先も念のためと聞かれて、電話番号を書いてきました。

・・・・・・・・・・・・・

父は私にとってずっと絶対的な存在でした。けれど私がただの子どもでいられた時期は、少しずつ過去のことになってきています。私を守ってくれる最後の砦のような存在であった親が、年老いて自分のこともできなくなっていった時、親子の関係はどうなっていくのかなあ・・・・。自分が人の親となったことも想定外のことだったけど、この状況はさらにありえないというか、想像外のことだなあ・・・・。現実に咀嚼しながら、どんな境地に立っていくのか。未知の分野です。

病院の窓から見た空は、遮るものがほとんどない、田んぼの上に広がる青い空。

こんな風に区切られていない空は久々に見た気がします。

« トリコロール | トップページ | Rock!Rock! ・・・少し演歌? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

inoemonさん・・・・

小さい時からそこまで考えていたんですか・・・。
小さい頃は自分でできることが少ないから、そりゃあ不安ですよね。
すごい悩んだろうな。

なんだか自分が恥ずかしいです。
仕事柄いろいろ考える機会はたくさん与えられるくせに、なかなか自分の家族になると実感できなくて、
かなり子どものままで来ましたから。
でも気がついた時に、気がついたことからでも
やっていこうと思ってます。

真のある人間、いい言葉ですね~。

愛のある人間でもいたいです。


私も親の将来を考えるととてつもない不安に襲われます。特に認知症になってしまった時はどうしようかと本気で小さい頃から恐かった!
でもいつも間にか自分の面倒は自分で見れるようになり、自分の家族も持つことができるようになる、そうなれば、今まで育ててくれた親にもお返しができる人間になれるのかなぁと今はプラスに考えるようにしています。
いろんな未来も前向きに立ち向かえるように、真のある人間になりたいですね♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« トリコロール | トップページ | Rock!Rock! ・・・少し演歌? »