2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« そしてみんないなくなった | トップページ | 9月のオーラソーマ »

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

ようやく観てきました!『不死鳥の騎士団』。

ハリー・ポッターの映画は賛否両論分かれるところだと思いますが、私が映画版を観たいと思うのは、ウィーズリーおばさんがハリーを思う気持ちと似たところがあるかもしれません。次の映画までの間に、子役の俳優たちがどんどん成長している様子を見てると、人の子なのに(しかもヴァーチャル)、しみじみ“大きくなったなあ”、“成長したなあ”って思っちゃうんだよね・・・。最初のタイトルロールでもはや涙ですわ(^^;)。326536thumb002

しかし!上下2巻、新しい登場人物&重要エピソード盛りだくさんの原作を映画化しなければならなかったイェーツ監督お気の毒さまでした。というわけで、内容をどーこー言うのはやめときます。

ところで今回の新キャラの中で私がいちばん気に入ったのはこの人。ルーナ・ラグフット役326536thumb004 のイヴァナ・リンチ。独特のちょっとあっち行っちゃった感をうまく醸し出していてこの配役は正解だと思いました。逆にアンブリッジ先生は、もっとつんけんした人を想像していたので、最初違和感があったけど、あの人がいたおかげで原作の暗さがコミカルに緩和されたのかもしれません。

印象に残ったシーンがいくつか。ダンブルドア軍団の闇の魔術の練習の後、ハリーがチョウに話したがっていたのを察してロンとハーマイオニーが先に去っていくシーン。この場面にジニーもいて、部屋を出て行く間際にチラッとハリーを振り返るんだよね。この後の巻でのふたりの関係を思うと、ちょっとせつない布石だなあと思いました。せつないと言えば、スネイプがハリーの閉心術の練習の時、のぞき見た光景も。ハリーがみぞの鏡にお父さんとお母さんの姿を見ているシーン。7巻のスネイプを思うと、ここも泣けるんだな・・・。

そして、なんと言っても不死鳥の騎士団の戦闘シーンはカッコよかった!シリウスの杖さばきなんて、彼らしいちょっとクセのある出し方で、それがまた決まってましたね。

でも大人たちの戦いを見ていたら、これはもうファンジーじゃなくてひとつの厳しい現実を描いているんだなと思いました。魔法の使い方も、空を飛ぶとか、カップをねずみに変えるみたいなかわいらしいものではなくて、人が死んでいくんですよね・・・。

原作ではこの巻大泣きした私。。あああ~・・・。これでしばらくハリーの世界から、現実に出勤することになりそうです。

« そしてみんないなくなった | トップページ | 9月のオーラソーマ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« そしてみんないなくなった | トップページ | 9月のオーラソーマ »