2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 寄り添う気持ち、寄り添う言葉 | トップページ | 軽くショック »

白洲次郎 占領を背負った男

Pic00392_1「占領下日本の実質的な『王』であったマッカーサーをも、筋が通らなければ怒鳴りつけ、日本の自由と誇りを守り抜こうと闘う次郎は、まさしく『侍』である。剛の人だ。が、一方では、いちはやくジーンズを着こなし、欧米文化の良さを取り入れ、家族や友人にやさしい柔の人でもあった。」  

私が白洲次郎という人に興味を持ったのは、新聞広告に掲載されたこんな文章からでした。戦後のある部分において重要な役割を任された人だったようですが、彼が公人として行ったことについては、これだけで意見をいえないところはあるけど、人物としては文句なく魅力的な人です。今度は白洲次郎本人が書いたものを読んでみたいと思いました。

ところで。白洲次郎さんを数秘的にみると、おもしろい内容が・・・

1902年2月17日生まれ。マスターナンバー22を持つ人です。(ちなみにこの方のおじいさんはマスターナンバー33。)

この人物の人生へのアプローチの仕方は、実際的、現実的、真剣、頑固。決意が固い。大規模なプロジェクトを意識的に築く、大きな成功を収める。

長所と先天的な気質は、洞察力、達成者、ネットワーク作りが得意、スピリチュアルな反面、実際的。

ファーストネームの最初のアルファベット(J)から見た特徴的な性質は、カリスマ、観念的、衝動的、革新者。

ファーストネームの第一母音(I)から見た強い欲求は、厚み・深さ・分かち合い。感情の起伏が激しく理想主義的。気まぐれ。リーダーとして人を引っ張っているときや、集団を指導しているとき最も幸せを感じる。世界に影響を与えたいと思っている。どうでもよい小さなことや制約を嫌う。

本を1冊読んだだけの感想ですが、かなり的を得ている部分があるように思いました。

これに、もも的ひとことを付け加えるとしたら、やんちゃBOYってとこかな?特におじいさんになってからの顔には、その特徴が如実に表れていたような・・・。

彼が住んでいた武相荘が、一般公開されています。武相荘とはそのまま読んで字の如く無愛想に引っ掛けてつけた名まえ。ここにもぜひ行ってみたいです。

旧白洲邸 武相荘はコチラ→http://www.buaiso.com/index.html

« 寄り添う気持ち、寄り添う言葉 | トップページ | 軽くショック »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寄り添う気持ち、寄り添う言葉 | トップページ | 軽くショック »