2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« キャンドルナイト | トップページ | 寄り添う気持ち、寄り添う言葉 »

夏野菜に思うこと

昨日実家の両親が、夏野菜を持って来てくれました。Pic00389 きゅうりのデカさに、思わず遊んでしまいました。(まん中はボールペン)→

さて。今日は雨の中、マクロビ料理の3回目です。今日のメニューはなにかなあ♪とレシピを見ると、おおーっ!大好きなラタトゥユが!!昨日両親が持って来てくれた夏野菜がほとんど使えるし。なんてよいタイミング♪

Pic00388_2 本日のメニューは・・・

ラタトゥユ、かぼちゃのスープ、にんじんとレーズンのサラダ、はと麦炒入り玄米ごはん、杏仁豆腐。(写真はかぼちゃのスープと杏仁豆腐なし。)

今日はひたすら切る作業が多いメニュでしたが、切ったら、鍋にぶち込んで煮てという私向きのメニューだったため、楽しく調理できました。最初は戸惑った野菜のまわし切りにもようやく慣れてきました。まわし切りとは、例えば玉ねぎを切る時、縦半分に切った後、端から順に上から下へ包丁をまっすぐ入れて切るのではなく、玉ねぎの中心を軸として、扇状に切ることを言います。こうすると、切った断片のひとつひとつに、玉ねぎの中心部分と端っこの部分がちゃんと含まれるんですよね。できるだけ全部を食べるというのも基本的な考え方のようで、だからこそ皮も食べれる安全安心なものを求めるんですね。ちゃんと考えがあって、行為があるんです。

ここでごはんを作っていると、日ごろいかに何も考えずにただただ食べているかを痛感させられます。

父が作った野菜はすみずみまで大切に使うように、作る人の苦労や手間を知っていたら、どうでもいい料理じゃなくちゃんと作ろうと思うし、ただなんとなくは食べれない。

ハズ!なんですが、なかなかそうはいかず・・・。

Pic00390 料理教室とももの日常とは、まだまだ遠いギャップがあるのですよ。

←今日の講師の先生から玄米2合いただきました。自然農法で作ったお米の販売をしているそうです。

櫻海屋(おうみや)http://www.oumi-ya.com/index.html

リクエストがあったのでレシピをのっけました♪

★ラタトゥユ★ 5人分
<材料>なす 3本
      ズッキーニ 1本
      トマト 3個
      いんげん 1袋
      玉ねぎ 3個
      ピーマン 3個
      にんにく 1かけ
      オリーブ油 大さじ2
      塩 小さじ1+α
      ローリエ、バジル、オレガノなど好みで

<作り方>
①野菜を切る
  なす、ズッキーニは縦4つ割りにして3㎝長さに
  ピーマンは4つ割りにしてさらに半分に
  いんげんは筋を取ってから3等分に
  玉ねぎ、トマトは2㎝角に
  にんにくはみじん切りに

②鍋にオリーブ油とにんにくを入れてから火をつける にんにくの香りが出てきたら玉ねぎを加えて透き通るまで炒める

③鍋にトマト→ピーマン→なす→ズッキーニの順に入れていき、その上にローリエと塩小さじ1を加えて ふたをして20分ほど煮込む
  *ここで全体を混ぜてはいけません
  *基本的に水は入れませんが、鍋が焦げるようなら水を足します

④一度味をみて足りなければ塩で調整しいんげんを加 えてさらに10分ほど煮込む
 好みでブラックペッパーとバジル、オレガノなどの ハーブを加える 

**********************
野菜はこのほかに、かぼちゃやセロリにんじんなどを入れてもおいしいです。
(要はなんでもいいのだ!)
鍋に入れる順番は陰性の野菜(体を冷やす作用のあるもの)から先に、陽性の野菜(体を温める作用のあるもの)を後に入れるとよいと教わりました。
**********************

« キャンドルナイト | トップページ | 寄り添う気持ち、寄り添う言葉 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

★ラタトゥユのレシピ★ 5人分
<材料>なす 3本
    ズッキーニ 1本
    トマト 3個
    いんげん 1袋
    玉ねぎ 3個
    ピーマン 3個
    にんにく 1かけ
    オリーブ油 大さじ2
    塩 小さじ1+α
    ローリエ、バジル、オレガノなど好みで

<作り方>
①野菜を切る
  なす、ズッキーニは縦4つ割りにして3㎝長さに
  ピーマンは4つ割りにしてさらに半分に
  いんげんは筋を取ってから3等分に
  玉ねぎ、トマトは2㎝角に
  にんにくはみじん切りに

②鍋にオリーブ油とにんにくを入れてから火をつける にんにくの香りが出てきたら玉ねぎを加えて透き通るまで炒める

③鍋にトマト→ピーマン→なす→ズッキーニの順に入 れていき、その上にローリエと塩小さじ1を加えて ふたをして20分ほど煮込む
  *ここで全体を混ぜてはいけません
  *基本的に水は入れませんが、鍋が焦げるような
   ら水を足します

④一度味をみて足りなければ塩で調整しいんげんを加 えてさらに10分ほど煮込む
 好みでブラックペッパーとバジル、オレガノなどの ハーブを加える 
**********************
野菜はこのほかに、かぼちゃやセロリにんじんなどを入れてもおいしいです。
(要はなんでもいいのだ!)
鍋に入れる順番は陰性の野菜(体を冷やす作用のあるもの)から先に、陽性の野菜(体を温める作用のあるもの)を後に入れるとよいと教わりました。
**********************

イチゴ♪さん~☆
コメントありがとう~^^。
このラタトゥユなら、料理オンチの私でも
おいしく作れますよ~(えっへん!)。
ただ野菜が命なので、できるだけおいしい、新鮮な
野菜を使うのがイチバンです。
これが結構むずかしいよね。

レシピ!レシピ!レシピ!
楽しみにしています♪
にんじんのサラダもおいしそ~。
ラタトゥユ、大好き^^♪

ミホちゃん★
わ~い、コメントありがとございます^^。
野菜がいっぱい入ったスープみたいなのは
ラタトゥユです。
野菜から出る水分だけで煮込みました。
今はレシピがないので、後でレシピ書き込みますね。

わぁーおいしそう★
野菜がいっぱい入ったスープ?みたいなのに惹かれるよ。
いつもワンパターンになってきてしまうのよ。。。
今度レシピ教えて下さいね~♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キャンドルナイト | トップページ | 寄り添う気持ち、寄り添う言葉 »