2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« カルシウムイオンの波 | トップページ | うれしいおまけ »

日本の色

本をあきらめた途端、本が手元にやってくるようになりました。

Pic00284 ←この本もSっちゃんが譲ってくれたの♪どうもありがとう。

私がチャクラバランスマッサージのコースを受けたIMA(イメージメーキングアカデミー)の代表である野田さんの本です。

この本でいちばん印象に残ったのは、「マゼンタは日本の色」というくだり。オーラソーマの講座に来られる外国の講師の方が、みな決まったように言うんだそうです。「日本の文化は非常に清潔で、細かなところにまで配慮が行き届いていること」がその理由とか。神社やお寺の美しさもさることながら、日本庭園のすばらしさ、懐石料理や茶の湯の繊細さなど、外国の人にはとても真似できないと感じるようです。Bottle67_1

ふーん。外国から見る日本のイメージはマゼンタかぁ。でもそれは色そのものというよりも、マゼンタという色のもつ色彩言語の方からみてるんじゃないかな?(右のボトルはNo.67のマゼンタ/マゼンタ。本物はもう少し大人びた色。)

色そのものからイメージする日本の色って何色だろう・・・。ちょっと考えてみました。オーラソーマのカタカナ色じゃなくて、フッと浮かんできたのは「紫紺」。紫でも青でも藍でもない、すごく深くて微妙な色。だと思うんだけど、実際の色味はわからないので調べてみたら、こんなところにハマってしまいました。↓

日本の伝統色 和色辞典      http://www.colordic.org/w/

好きなんだよね、こーいうの♪色と言葉が。かたっぽだけでも好きだけど、両方だと狂おしいね。

« カルシウムイオンの波 | トップページ | うれしいおまけ »

オーラソーマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/13731467

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の色:

« カルシウムイオンの波 | トップページ | うれしいおまけ »