2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 無条件の親切 | トップページ | 日本の色 »

カルシウムイオンの波

久々にH先生のところに行ったら、こんなDVDを見せてくれました。

『脅威の小宇宙 人体 ~生命誕生~』1989年放映のNHKスペシャル。

人間の生命がいかにして誕生するか、当時の最新技術を駆使した美しい映像で見せてくれます。18年前だけど全然古くない!

その中で、いちばん印象深かったのが受精の瞬間。精子が卵子に到着して受精すると、卵子の表面にカルシウムイオンの波が走るの。キラキラとした星の粒のようなものが、卵子のそこここで光り、その点滅が上から下へ流れていくのです。打ち上げ花火が開いた後の残り火の残存のように。その瞬間から、もう他の精子は卵子に入れなくなります。

こんな美しい瞬間をどうやって撮ったんだろう。本当に心を打たれます。

この映像だけでも必見の価値ありです。

             

                       そんなにも小さなかたちの  

                       そんなにもかすかな動き
           

                      その爆発の巨大なとどろきを

                      誰ひとりききとることができない



                        いのちの静けさは深い

                         死の沈黙よりも

                     とおくけだものにつらなるもの

                       さらにとおく海と稲妻に

                        星くずにつらなるもの


                  (谷川俊太郎 「からだ」)

« 無条件の親切 | トップページ | 日本の色 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/13723010

この記事へのトラックバック一覧です: カルシウムイオンの波:

« 無条件の親切 | トップページ | 日本の色 »