2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 深夜の格闘 | トップページ | 11月11日のボトル »

No.99終了

なんとなくこの日に終わる気がしてたんだけど、ほんとに終わってしまいました。No.99。最後のひとしずくがなくなった後すごくスッキリして、夜中だったのに、大きな声で「さよなら~ありがとね~」って言いたくなりました。今回はコンサルテーションを受けて選んだボトル。プラクティショナーの方が鏡に映してくれた自分をちゃんと見ること、みつけた自分を認めていくことがテーマだった気がします。

ボトルを使って気がついたことや感じたことを書き留めておくノートを見ると、はじめのうちはペールオリーブを少し重たく感じていました。

「見つけたものが熟すには時間がかかる。でも粘り強く取り組んでいく。」

「シェイクするときれいなオリーブグリーンが苦みばしった抹茶の色になる。自分の嫌な面も含めてそのままの自分を受け入れなさいってことなのかな?」

「捨てるのではなくただおいておくこと。感情や評価をまじえずただそこにおいておくこと。」

「ピンクは確かに底にあるけど努力しないと表に現れてはこない。オリーブが上でがんばれ、あきらめるなって言っている。(上層にオリーブ、下層にピンク)」

なんてことが書いてあります。途中からはボトルが三層になり、三番目に現れる色が変わっていきました。

「愛(ピンク)と真理(グリーン)の追求、そして喜び(イエロー)」

「すべての困難を受け入れ、そこから希望を見出す」

「我慢ばかりではだめ。話してみましょう。(ペールブルー)」

「穏やかで不足ない心持ち。(ディープマゼンタ)」

最後の方はオリーブは見えなくなってしまい、ピンクだけに見えるボトルを使いました。

ボトルのテーマにあった「再生の可能性 愛に対する理解と経験に新しい展望をもたらす 自己受容と慈悲を通して愛を表現する」のうち、愛に対する理解と経験にはたくさんの新しい展望がもたらされました。

状況が劇的に変わったのではなく、私自身の考え方に違う芯が加わり、少し太くなったような気がします。

« 深夜の格闘 | トップページ | 11月11日のボトル »

オーラソーマ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/12637657

この記事へのトラックバック一覧です: No.99終了:

« 深夜の格闘 | トップページ | 11月11日のボトル »