2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 桜蘭ホスト部 | トップページ | チャクラバランスマッサージ »

13の月の暦セミナー

夏の疲れをいっぱいに背負って迎えた遅がけの夏休み♪ず~と楽しみにしていた東京です。今回やりたいことは大きく3つありました。

まずは、なんといっても、M Iさんに会うこと!(^ψ^*)。

13の月の暦のセミナーがあることを教えてくれたのがM Iさんです。講師の先生がオーラソーマのティーチャーであるということもポイントだけど、東京まで行く気になったのは彼女に会えるからというのが一番の理由です。

プラス私の大好きなオーラソーマと13の月の暦ふたつをリンクした話が聞けるかも、という期待もちょっぴりあったりして。

参加して、イマイチよくわからなかった暦のしくみが整理できました。

でもそれよりもっと大切なのは、暦を実感することなのかも。13の月の暦はふたつの暦から成り立っています。そのうちのひとつ、ツォルキン暦を構成する銀河の音や太陽の紋章、そして誕生日の銀河の署名(Kin)にも、それぞれキーワードがあります。それだけではただの単語の羅列ですが、自分の思いや体験に引き付けてみた時、言葉はただの単語ではなく意味を持つのかもしれません。

講師の先生が何度も言っていたように、“こうしなければ”という決まりはなくて、意識し、実感することが大事なんだと思います。オーラソーマと暦の関連も同じで、今、絶対こうだというものがあるわけじゃなく、オーラソーマが生きて成長しているように、このふたつの関係もこれから少しずつ明らかになってくることや、変わっていくことがあるのでしょう。

ここんとこ、あちこちで遭遇する“実感する”が、ここでも出てきました。私の銀河の署名にこの言葉があるんですよね。

ところで。このセミナーでちょっとおもしろい出会いがありました。

ひとりは私の左隣に座った方。この日の座り順には意味があって、詳しい説明は省きますがそれぞれが持つ銀河の音の順番に並んでいたのです。だからお隣どおしというのは何らかのご縁がある訳なのだけど、その説明を聞く前からなぜか左側の人だけがすごく気になっていました。(右の人はフツーの初対面時の感覚)

それぞれの銀河の署名を出してみたら、“太陽の”という音と、紋章の色が赤で一緒。初めて会うのに、すっと話ができてしまう人でした。となりにいるのがとても自然というか。なんの根拠もないけど、たぶんまた会える気がします。

もうひとりはMIさんのお友だちで、お昼を一緒に食べるというので楽しみにしていました。偶然(?)にも私の銀河の署名はその方のガイドにあたるKinでした。自分のガイドに当たる人には会ったことがありますが、自分がガイドに当たるというのははじめて。その意味を探るにはあまりに短い時間でしたが、この方にもきっとまた会える気がします。

このセミナーの後は、MIさんとラクーアへ行ったのですが、その話は次へ続く・・・。

« 桜蘭ホスト部 | トップページ | チャクラバランスマッサージ »

ワークショップ&セミナー」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109163/11867886

この記事へのトラックバック一覧です: 13の月の暦セミナー:

« 桜蘭ホスト部 | トップページ | チャクラバランスマッサージ »