2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« びっくりその1 | トップページ | ティンホイッスル »

びっくりその2

自分の好きなことなら時間なんて関係ないし、心魅かれる人には自然に想いがあふれるように湧き出すものだよね。だから関わることが楽しみでもあるし、ツラいことがあったとしても努力ができると思うのです。

では、嫌いなモノや人と関わらなければならない時はどうするか?

愛や生活、命がかかってなければそんなのパス!で全然OKだと思うのだけど、そのどれにも関係ないのになぜかとっかかることにした私(´ъ`||)。早くも挫折しかけ、逃げたいばっかりに。

その人のマイナスオーラは半端じゃなくて、その場にほんのちょっといっしょにいるだけですごい暗い気持ちになってしまう。楽しい気持ちや優しい気分が一瞬にしてしぼんでしまう感じ。もっと大きな気持ちで、慌てずゆったりかかわっていけばいいのだけれど、私にそんな器はないし、本当にそこまでしたいと思ってないから、がんばれないのが自分でわかる。

楽しくない。それに尽きちゃうこの気持ちには嘘をつけない。

14日の朝はそれがピークで、正直、こんなことやめたかった。今までどおり見ないふりしてかかわらなければそれでも月日は流れてく・・・・。

ワタシニハデキナイヨ。

その日は久しぶりにボトルを使おうと思ったのに、こんなことを考えながらボトルを振ってしまいました。ネガティブメッセージの入っちゃったボトルなんて初めてかも。

ところが夜になったら、漠然と頭の中で考えてた場面が、ほとんどそのまま再現されちゃった。

今の状態でお互いプレッシャーを感じない状況を作るとしたら、これしかないって考えはあったんだけど、そのためには相手を天の岩戸から引っぱり出してこなくてはならなかったの。でもやる気が私になかったのよね。

それがこの日は天の岩戸が開いていて、何の苦もなくコトが進んでしまいました。

確かに「ワタシニハデキナイヨ」って言ったけど、なにがどーしてこーなった??

« びっくりその1 | トップページ | ティンホイッスル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« びっくりその1 | トップページ | ティンホイッスル »