2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

チームひよこ♪

060129_13191 レベル2の3回目。お昼ごはんはメンバーみんなで近くの喫茶店に行くんだけど、人数が多いのでいつも2つのテーブルに分かれて座ります。当然いろいろシャッフルされますが、今日は初のMA-ちゃん&Sちゃんテーブル!!うれしい♪(*^0^*)

↑ ボクら黄色いオシボリさ♪ 

そこでMA-ちゃんがひよこを作ってくれたんだよ~。あまりのかわいさにさっそくMYひよこ作りがはじまって、個性豊かなチームひよこ♪ができあがり!

調子が悪いとき

朝息子が起きてこなかった。部屋を覗くと目と目があった。「どうしたの?」と聞いたら「ふわふわする」と言う。めまいではないのだけれど立ちくらみがするらしい。学校に電話して今日はお休みにした。

今は中学生になってほんとに休まなくなったけど、小さい頃の息子は私から見たらほんとに軟弱(?)だった。たぶん私が頑丈な体質だったからそう思うんだろうな。親に聞くと私は集団赤痢が流行って保育園が1ヶ月閉鎖された時もひとりだけかからなかったらしい。その後小学校から高校まで遅刻はおろか一日も休んだことないし。

それに較べて(・・・しまうんだよね、ゴメン)彼はしょっちゅう熱を出しては学校を休んでいた。母親とはいえ仕事をしているとそんなに何日も休めない。それでも必ず聞くことがある。「おかあさん、そばにいようか?」返事はたいてい「いや、いい」(^^;)でも私が家に帰って夜寝る段になると、必ず隣りにふとんを持ってきた。ふとんの中で話はたくさん尽きなくて、とうとう「早く寝なさい!」なんて怒られていた。

今日は昼間あたたかい日差しの入る私の部屋にふとんを敷いて寝ていたようだ。夜はあらかた良くなって自分の部屋にふとんを持っていくのかなと思っていたら、そのとなりに私のふとんを敷きだした。「あれ?いっしょに寝るでいいの?」と聞いたら「ふとん持ってくの、メンドくさいもん」「なら、お母さんがもってってあげるよ」・・・・・それには答えず彼はさっさとふとんの中にもぐりこんだ。

調子が悪いとき。ほんとはあなたのそばにいてあげたい。

オーラライト

オーラライトを勉強中の友だちから練習台を頼まれたので、行ってきました。詳しいことはわからないけど、オーラライトはもともとオーラソーマをやっていた人のひとりが独立して興したものらしい??ふだんは学んだことを使って人をみる練習をしていて自分のことはゆっくりみてもらう機会がないので、喜んでやってもらうことにしました。

オーラソーマは105本のボトルから4本のボトルを選んでいきますが、オーラライトは80本のボトルから4本のボトルを選んでいきます。ボトルは同じように二層に分かれていますが、オーラライトのボトルは球形です。二層の色の組み合わせはほぼ同じようですが、色のニュアンスはちょっと違う感じがしました。4本のボトルの選び方やその順番による解釈はほとんど同じのようです。

しかし4本選んだ後、私の場合はもう1本選ぶよう指示がありました。そして1本目の位置に、2本のボトルが表裏一体のごとく並ぶことになったのです。(そんな風に選ぶのは1割の人間で、9割は4本ですむらしい。)

詳しい意味はわからないけど、奥に置かれたボトルは本当の自分の姿で、それに重なるように手前に置かれたボトルは人に見せている自分の姿なんだそうです。たぶんそこに矛盾があるから2本選ぶことになったのだと思います。2本のボトルは二層の色がそれぞれ違っていて全く印象の違うボトルでした。どちらのボトルの解釈もなるほど、と思うものがありましたが、人に見せている方(人にどう見られたいかを表してもいる)の自分を表すボトルの説明には、心からうなずいてしまいました。このふたつが全く違うところに私の生きにくさが現れているようで興味深かったな。 

2本目と3本目のボトルは対照的な意味をもつボトル。3本目の現在を意味する位置にはレッドのボトル。二層とも真っ赤っ赤のボトルのごとく、今はほんとに自分の中から突き動かされるように動いていてとってもパワフルなのです。ここで先生から「本来ならレッドはあまり選ばない人ですよね」と一言。確かに!一部にレッドが含まれるボトルは選んだことがあってもレッド一色ははじめて。動きたい!!のだよね。

4本目は奇しくも先日レベル2で選んだ4本目と同じ色合いを選びました。希望にあふれていて、自分のなりたい未来をとてもよく表しているボトルなのです。色もきれいで大好きだったのでまた選べてすごくうれしかったな。

最後に、選んだボトルの中から足りない色を見ていきました。私は全部の色を選んでいて唯一クリア(透明)だけがありません。でもクリアのボトルを見ても「つまんない」と思うだけだったので、クリアの意味するものは今の私には必要がなく、バランスのとれた状態だと言われました。

色の意味を聞く中で、自分にたくさんの気づきがありました。

なかでも両親の関係から人間関係のバランスや、どんな人が好きでどんな人になりたいのか、男性・女性のイメージ、男性との関係やバランスのとりかたなど自分の考え方に影響を受けていることが自分で少し理解できたところがあります。分析して解釈することが目的ではなく、どうして自分がそう考えるのか、自分で納得できる部分があると、そこから自分が望む方向へ向かうためにどうしたらよいのかを考えることもできると思うんだよね。そうして未来にむけて微調整しながら進んでいくことが大事なんじゃないかな。

オーラソーマもオーラライトも、そのためにこそある気がしました。

楽しかったです。誘ってくれたAさんに感謝。

心理テスト

「手を握ってみてください」こう言われたら、あなたはどうしますか?誰かのブログを見ていたらこんな質問が飛び込んできました。

私は迷わず誰かの手を握ろうと思いました。・・・・それは、いわゆるSなんですって。ふーん。そうなの?ちなみに自分の手を握るのはMだとか。あくまで心理テストの話ね(^^;)

ためしにまわりの人にやってみたら、みーんなSだった!でも私のように迷わずパッと握る人もいれば「ちょっと失礼」とおずおず握る人もいたり、そこら辺の違いはありましたが。“おずおずS”の息子いわく「だって握る相手が初対面だったら、やっぱ考えるでしょ?」(←スミマセン。考えてませんでした。)「それに相手が女の子だったら男がいきなり手握っていいかどうかも考えるでしょ?」(うーむ。そんなことも思いつかない私って・・・)

だけど自分の手を握るっていう選択肢は、絶対考えつかない気がする。誰かそういう人、いるかな?いたら、その人の考え方を聞いてみたい。

 

志望校決定

今日は息子の三者面談の日でした。公立高校の受験校を決めてきました。

彼の第一希望は現在の実力ではまず受からないだろうという学校で、第二希望は当日の出来がよければ、あるいは・・・というレベル。最終的に意志は変わらずそのまま決定しました。

結局子どもの人生なんだから親がゴチャゴチャ考えてもしょうがないんだけど、子どもを信じて黙って見守るというのは私にはヒジョーに難しいことです(^^;)

ヒラリオン

PIC00039 記念すべきクイントエッセンスご購入第一号のヒラリオン☆

ペールグリーンがとてもきれい。クイントエッセンスは全部で15種類あってそれぞれに違った色と名まえをもっています。これはその中のひとつでヒラリオンと呼んでいます。

いつも4本選んでいるボトルは自分自身を映しだす鏡のようなもの。使うことで自分への理解が深まっていくものというのが感想なのですが、クイントエッセンスは使ったことがないからそういうのがまだわからない。ちなみにテキストには『呼び覚ますもの』『その人の源からのエネルギーが流れ出る手助けをするもの』とありますが、なんのことやら?

昨日私のところにやって来たヒラリオンくん(イメージでは男の子だったりする)。今朝は窓辺できらきらきらきら輝いていて、思わず引き寄せられるように手にとってしまいましたPIC00040 。スプレーをシュッとひと吹きしたら、目の前を透明なじゅうたんがさーっと伸びていくような感じが。同時にとってもいい香りが私を包み込んでくれました。においを嗅ぐと安心できるというか、鼻で存在を確かめる私としては香りはとっても大切。包み込んでそっと前へ押し出してくれるような香りです。ああ、でも、またまたこれはなんの香りっていうのが気になる・・・。クイントエッセンスにも成分表ってあるのかなあ。

↑ヒラリオンとお気に入りの北一硝子のキャンドル(奇しくも同じペールグリーン)今日は選んだ洋服もモスグリーンのタートルとグリーンミックスのマフラー。

ボトルの気がつきノートをつけているんだけど、クイントエッセンスもやるつもり。

すべてが自然ですごい偶然

今日はいろんなことがありすぎて、なんだか眠れそうにありません。

レベル2も2回目で書きたいことが山ほどあるんだけど、とりあえずひとつだけしか書けそうにないよ。

この10何年ずっと自分の心の中においてあったコトが、心の外へ出てきました。

なんでそんな話になったのかな?今日はじめて会った人なのに、今までほとんど誰にも話さなかったことがすんなり話せてしまったのは、結婚生活の中で彼女が感じていること、これから進んで行きたい方向が私とほんとよく似ていたから。それが同じだからこそ、お互い相手に気兼ねせず自分の思いを素直に出せたのかもしれません。

ちょうどこれから自分がどうしようか考えようという時だったので、ほんとにビックリ!世間話の続きが突然そんなスゴイ話でも、全然違和感なかったし。

でも今考えてもやっぱり不思議。

渡されたもの

M Iさんが渡したかったもの。それはすごーく意外なモノでした。

ひとつはオーラソーマのボトルの成分表です。この間会った時私が「ボトルの中にどんなものが入っているのか知りたいなあ」と言っていたのを覚えていてくれたのです。彼女はボトルの105本セットを持っていて、それに添付されていた成分表をひとつ分けてくれたのでした。

ボトルを使っていると、以前通っていたアロマテラピーの教室に漂っていた香りの記憶が蘇ることがあります。NO.29のボトルを開けた時、以前会った事がある香りなんだけどなんのエッセンシャルオイルだったか思い出せなくて、知りたいなあと思っていたのです。成分表を見てイランイランだったことがわかりました。いろいろなものが混ざっているんだろうけどその中でひときわ個性的に漂ってくる香りです。

もうひとつはエステのお誘いでした。キレイになることって女の人ならみんな興味があると思うんだけど、人づてにこんなお話をもらえることがあるとは夢にも思っていませんでした。M Iさんが元気をもらえる場所なんだそうです。そういう場所を私にも紹介してくれたM Iさんの気持ちがなんだかとってもうれしかったな。どうもありがとう。

イニシャルM

昨日MIさんから電話がありました。先回ごはんを食べに行った時なにか渡したいものがあったそうです。と、書きかけて思ったんだけど、オーラソーマ関連の人ってなんかイニシャルMの人が多いのよね。私が仲良くなる人はって意味だけど。

昨日電話もらったMIさん(彼女は勉強会でいっしょ)、レベル1・2がいっしょのMAちゃん、MEちゃん、レベル2でいっしょのMA-ちゃん。Uちゃんは苗字で呼んでいるけど名まえだったらMAちゃんです。ブログに書くとみんなMちゃんなのでもう一文字追加してるんだけど、それでもダブってしまうなあ・・・。

でもこの年になって名まえで呼び合える人ができるのって、なんだかうれしい。仕事ではみんな苗字だもんね。

それで渡したいものって、なんだろう?

フルーツグラノーラ

PIC00069 夏は朝ごはんにシリアルをよく食べていました。けれども寒さが厳しくなってきた冬は、このシャクシャク感が余計に寒くて遠ざかっていました。昨日久々にシリアルコーナーへ寄ったら、フルーツグラノーラの限定バージョンが!あずきとかぼちゃ入り。

シリアルといっても玄米フレークのプレーンタイプ・オンリーなのですが、味に飽きるとフルーツグラノーラを混ぜたりします。チョコ味とかは甘ったるくてたくさん食べれないけど、これだとフルーツの甘酸っぱさがほどよく混ざってよいのです(^^)

でも男の人はこういうごはんはダメだろうなあ。(息子も玄米フレークなら食べるけどフルーツグラノーラは敬遠)かぼちゃ&あずきなんて「お菓子?」って言われてしまった。栄養バランス的には和食より優れているんだけどねえ・・・。

ガラスの天使

オーラソーマの教室にはオーラソーマのボトルだけじゃなく、いろんな物が置いてあります。水晶やアメジストなどの大きなパワーストーン。生徒さんが作っているアクセサリや手芸品が突然置いてあったり、もします。(ここでは生徒だけどみんなホントに多芸多才です)

昨日はそこでガラスの天使を見つけました。全部で7人棚に並んでいたんだけど、ひとつひとつ手作りなので全部様子が違います。日の光にキラキラ輝いてとてもきれいです。なぜか引き寄せられるようにみんなで品評会が始まりました。PIC00068 私が気に入ったのは星を抱いている天使。ちょっとぷっくらしています。  ←天使とN0.88のボトル(やっと半分)

MEちゃんは青い本を抱いているすらっとした天使。MAちゃんは小さなハートを抱いていて羽にきれいな模様のついた天使を選びました。先生がふふって笑って気になるひとこと。

「星は夢や希望を。ハートは愛を。本は知識を現しているのよ。」

レベル2はじまり、はじまり

今日からオーラソーマのレベル2が始まりました。昨日の大雨とは打って変わってピーカン天気!早起きして洗濯をすませてから出かけました。

先回のレベル1は5人のメンバーでしたが、今回は6人。その内3人は先回日曜コースで一緒で、後の3人は初顔合わせ。といっても2人は勉強会で顔くらいは知ってるからまったく初めてなのはSちゃんだけ。ところが自己紹介でSちゃんと私はご近所さんということがわかってびっくり!!(たぶん徒歩10分以内の距離)こんなこともあるのね(^^;)

肝心の内容は、今回テキストをざっと見ただけでも内容がかなり濃いことがわかります。たぶん6回でテキスト全部を学ぶというより、学ぶ内容の項目を提示するから後は自分で深く掘り下げなさいって感じかな。オーラソーマと古代の叡智との関連なんてすごくおもしろそうです。

ただねー。ここだと私はなんかとてもユニークな人と見られてるんだよね・・・。本人はまじめに発言しているだけなのにみんなからは「発想がおもしろいよね」って。なにがユニークなのかは全然わかんないけど、私がフツーにしているとその場が笑いでふわんとなって「それがいいのよ」って。

これが職場だと絶対こうはならないんだけど。なにが違うのかな?

こんなことも

オーラソーマの教室で知り合ったMIさんとごはんに行きました♪彼女と会うのは今日でやっと3回目。1回目は勉強会でペアを組んだ時で、2回目は勉強会の帰りがけ、時間がなくて連絡先だけ交換。その時レベル2の講座にいっしょに行きませんかと言ってたので先週土曜日に行けなくなったとわざわざ連絡をくれたのです。

ところが話はそこからごはんを食べに行くことに。(あれ?)

あっという間に日にちが決まって、楽しみにしてますメールもくださって、若いのに律儀な人だなあと思っていた私は、会ってますますビックリしてしまいました。

彼女は1回目の勉強会でペアを組んだ時に“この人ともっと話がしたい”と思ってくれたようなのです。勉強不足でしどろもどろのコンサルテーションだった記憶しかないのだけれど、「はじめて会った人のことを一生懸命理解しようとしてくれましたよね。それがとても嬉しくていいなあと思った。」と言ってくれました。

その人に好かれようと努力するわけでもなく、作ったり、飾ったり(できないけど)するわけでもないのに、そのまんまの私をいいと思ってくれる人もいるんだな。理屈じゃなくてそんなこともあるんだなあと思える機会が最近多い気がする。なんだかすごく不思議な感じです。

ワイヤーコーム

髪が伸びてきました。仕事上そのままではみっともないのでどうにかしなくちゃ。でもただゴムでしばったのではほんとのオバサンになってしまうし、ヘアアレンジできるような技術もない・・・。

なーんて思いながら街を歩いていたら、ふとヘアアクセサリーショップに目が留まりました。髪が短かった時には全くご縁のなかったショップです。いろんな飾りのついたゴムや髪の毛を留めるバレッタなど私でもわかるものもありますが、大方は“わあ、キレイ”と思うだけでどうやって使うのかさっぱりわかりません。

そこへ店員さんが来て、ひとつ薦めてくれました。PIC00063それがワイヤーコームです。写真の向きで毛流れに沿って髪に差すこともできるのですが、髪を一部だけまとめて留めておきたい時は180度回転して、頭の下から上に向けてぐっとはさきを差し込むのです。そうすると飾りの部分だけがきれいに頭に見えて、はさきは髪の中に隠れます。

ゴムやバレッタだと留めておく髪の量がある程度いるので、頭本体から留めるためにとった髪の毛束が浮いてしまうのですが、これだととても自然に髪の毛が留まってくれます。しかもカンタン、きれい♪(←これ大事)

髪をあまり伸ばしたことがないと言う私に店員さんが「じゃあせっかくだから、少し楽しんで行きませんか?」と言って、その他のヘアアクセサリをたくさん出してきてくれました。もっと複雑な形のかんざしのようなもの、大きなクリップ、スカスカに空いた大きなくし型のもの。たくさん使っていろんなアレンジをしてくれました。

その間店員さんがいろいろ話をしてくれました。ヘアアクセサリが大好きで販売員をしていること。きれいなものが次々入荷されるし、使い方を考えるのが楽しいこと。でもいちばんうれしいのは今までこういうものを使ったことがない人におススメして喜んでもらえることなんですって。

「みなさん難しくて使えないと思っているんですよね。でも使えるようになると、世界が広がるでしょ。それでキレイになれたら最高ですよね。だからそういうお手伝いができたら買ってもらえなくても私いいんです。あ、ここはナイショですけど」

まだ20代くらいのかわいらしい店員さんでした。でも彼女の考えは素敵でした。

山本容子の時間旅行展

山本容子さんの絵をみに行きました。絵は専門的なことはまったくわからず、鑑賞基準は好きか嫌いかだけなんだけど、この人の場合、この基準自体がビミョーです。

PIC00064 まずこの人が描く人物がどうも好きではない。シニカルな感じがするのね。なのに、この人の描く絵は好きなのです。なんで??自分でもうまく説明できません。

会場には10センチ四方くらいのサイズに描かれた小さな絵がたくさん展示されていました。日常にあるものを小さい画面にこまかく描き込んである絵は大好き。

そういうのが上手な人を私はひとり知っています。そのサイズに彼の持ち味が出て味わい深い絵になっているんだけど、自分ではそう思っていないようでした。残念。

http://moura.jp/lifeculture/y-yamamoto/ ←山本容子さんのサイト 

バッテリーⅣ

PIC00062 2004年10月神戸から戻る道すがら、ふらりと寄った本屋さんで出会った『バッテリー』。中学生の巧と豪くんの物語に結構ハマってしまい、その後文庫本が出るのを楽しみにしていましたが、Ⅳ巻はなかなか発売されずしばらく忘れていました。

それが2005年12月25日に発行となっていたのです。

いつもはゴーマン巧(←コイツは呼び捨てがピッタリ)の視線から物語が語られていくのに、今回は巧たち新田東中の対戦相手、横手中の人たちから逆に巧や豪くん(←この子はイイ子なのだよ)のことが語られていきます。読んだばかりだけど豪くんがどうなっていくのか、Ⅴ巻が待ち遠しい展開です。

ハリーポッターと謎のプリンス

ハリーポッター・シリーズ第6巻が5月17日に発売されるらしい。

(原題は『Harry Potter and Half-Blood Prince』どうして謎のプリンスになったのかな?)

今私はアズカバンの囚人(第3巻)のUK版を読んでいます。英語はUS版もあったけど、作者のJ.K.ローリングさんがイギリス人なのでUK版にしてみました。なんで第3巻なのかは単なる気まぐれ。

私は結構速読みなんだけど、さすがに英語の本はなかなか進みません。この本も読み始めた頃は1日5行でギブアップしてました。日本語の本ならどんなに速く読んでも頭の中に情景が映像で浮かぶのに、英語は字面を追うのが手一杯で映像化しにくいのです。しかも行が進むと前の意味をあっさり忘れるので、何回か読まないとひとつの文が意味を成してこない感じ。PIC00061

でも読み始めて1週間。やっとまとめて1ページ読めるようになりました。  つよ~い味方は、ハリーポッター専用DICTIONRY本。けれどこの本には出てこない、より簡単な英単語がわからない・・・。→

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »