2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« うれしいカード | トップページ | ゆり »

やっと手に入れたもの

昨日とうとう息子にケータイを買いました。お互いが折り合える点を見つけるまで粘り強く話し合いを重ねた結果です。

ケータイの話は彼が中学2年の時から私たちの間で折に触れずっと出ていた話題でした。けれどもこの件に関して私の意見は決まっていて、「ケータイは高校生になってから」とずっと言ってきたし、私の性格をよく知っている息子は「言ってもムダ」とそれ以上突っ込んでくることもありませんでした。

それが変わったのは今年の夏。友だちと夏祭りに出かけた時です。約束の時間に帰ってこない、連絡もない。日付は翌日になっていました。やっと帰ってきた時、どうして電話の一本もできないのかと心配のあまり怒ってしまった私に、彼が猛然と反論を始めたのです。帰りが遅くなったのは、一緒に行った友だちの自転車がなくなってしまってずっと探していたからでした。探す途中で遅くなりそうだから家に電話しようと思って公衆電話を探したけど全然見当たらなかったこと。友だちをひとり置いて帰れなかったこと。

その後堰を切ったように涙と言葉があふれてきました。

「ボクだってずっとがんばってきたんだ!みんなで遊びに行く時だって、ケータイで待ち合わせ場所とか時間とか決めるのに、ボクだけ持ってないから誘われないこともあるんだよ。待ち合わせしててみんなの都合で急に変わって、ボクには連絡つかないからずうっとその場所で待ちぼうけしてたこともある。みんなに迷惑かけないように工夫したり、ずっとしてたんだよ・・・・・。」

そう。夏祭りも苦労してみんなと約束を取り付けて、すごく楽しみにしてた・・・。正直。そこまでとは思っていませんでした。よいか悪いか、それをどう思うかの問題じゃなく、そういうものがないとコミュニケーションすら取れない世界に今の中学生はいるんだなと。

そこから話し合いが始まりました。いつもなら話す前に諦めてしまう彼が、大人の私にやり込められながら、いくつもいくつも対案を考えては話し合いを持ちかけてきました。最終的には約束の高校生になるまでは自分でケータイ代を払うから契約をお願いしたいと言ってきました。現在の手持ち金と家事の手伝いをして稼ぐお金と、ケータイ料金プランを突き合せた今後3ヶ月間のやり繰り計画付きでした。ケータイを持つかわりに自由に使えるお金がほとんどなくなる計算です。

これには応えないわけにはいかないよね。

実際に使ってみての心配も山ほどあるけど、思い切って買うことにしました。めんどくさい家庭に生まれてしまった彼にはちょっぴり気の毒だけど、これからも話し合いは続くでしょう。でもお互いに対する印象はちょっぴり変わったかな?

« うれしいカード | トップページ | ゆり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« うれしいカード | トップページ | ゆり »