2015年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

発掘はコチラ

  • カスタム検索

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月

すっきりした!

「あなたに話を聞いてもらったらすっきりしたよ」

って今日3人から言われたよ。

仕事で明らかに私の担当じゃないって相手もわかっていることを、なぜ私にぶつけてくるのか。そういうのに時間を取られることが、正直イヤなこともあります。

でも、今日は少し新鮮な気持ちで受け止めることができました。

すこしは、お役に立てたんだなって。

“もう!なんで私にそんなこと言うのよ”ってイライラしてるより

“わーい、よかった”って思えたほうがうれしい。

同じことでもとらえ方ひとつで全然違うよね。

今日はそんな日でした。

9月、おしまい!

三層のボトル

オーラソーマのボトルは普通ニ層に分かれていて、その色の組み合わせを見ていきます。けれどもその色自体が変わったり、中には三層になるボトルもあるそうです。色の退色や変色、気のせいとかじゃなくて、ほんとにそうなるんですって。

実際、教室でターコイズとコーラルのボトルの上層部にグリーンが出ているボトルや、ロイヤルブルーとレモンのボトルの上層部にグリーンが出てきたボトルを見せてもらいました。三層になった場合は、新たに出てきた色の意味も考えるのです。

私が今、使っているのはバイオレットとブルーのボトルですが、最近、上層部にロイヤルブルーが見えたり消えたりするようになりました。この三色は似ているから、単なる見違えかも?と思っていたのだけれど、やっぱりそうじゃないのです。

ロイヤルブルー。

自分が見えなくて苦しい時、励ますように現れてくる色。

夜空に輝く星たちは、昼は見えないけれど実際にはずっとそこにあるよね。ロイヤルブルーは夜空の星の象徴。だから見えたり消えたりするのかな?

今朝は三層のボトルになっていました。PIC00032

ビミョー。上の方に一本、筋が入っているのがわかるかな?→

鈴鹿バルーンフェスティバル

PIC00038

何年か前に、偶然知った鈴鹿バルーンフェスティバル。熱気球の体験搭乗があるこのフェスティバルにずーっと行ってみたくて、でも果たせないまま何年かが過ぎていました。

そのバルーンフェスに今年ようやく行くことができました。

川沿いの土手に上がって、みんなで気球を待ちました。見える範囲をぐるりと見渡し、ドキドキしながら待っていました。そしたら、空にPIC00039 突然ポツンと気球が現れたのです。さっきまでなにもなかったところに、ほんとに忽然と。うそみたいでしょう?でも、それがいちばんピッタリくる表現なのです。いったいどこから現れたんだろう???(ナゾ)

最初の気球はそんな風に突然現れたのだけれど、その後は気球がぽっこりと膨らむところをちゃんと見つけられました。地平線の境のところで気球がどんどん、大きくなってそしてふわん、と空に浮いてくる。地平のあちこちで気球が次々ふくらんで、いつのまにか小さな点みたいに空いっぱい広がっていくんだよ。そしてどんどん大きくなって、土手に近づいて来た時、ドキドキは最高潮になっていました。

風任せの気球を、土手にちゃんともってくる技術と運。目標地点に到達できた気球も、心ならず遠ざかってしまった気球も、頭上を飛んでいく気球すべてに、地上のみんなは惜しみない拍手と大きな声援を贈っていました。

空と地の人みんなが、なんだかひとつになっていたような・・・。

バルーンフェスティバル、絶対見るべし!ほんとによかったよ~(; ;)

連れて行ってくれた、かんなさん、ありがとう。

ひょろこのその後

ところで、ひょろこはその後どうなったか?

(注:ひょろこがわからない方は、このブログのいちばん最初を見ましょう)

彼(彼女かも?)がこのブログに初登場したのは5月。その後6月にちょこっと姿を現したきり、なんの音沙汰もなかったよね。

それはなぜかというと・・・・・

彼の成長が6月を境に止まってしまったからなのです。

本当なら6月頃にミニにんじんの実をご紹介するつもりだったのですが、地上に見える彼の姿はまったく変わりなく、ためしに写真を撮ってみても、写真の下に入る日付がかろうじて変わる程度で、図柄的にはみーんな同じ写真になってしまうのでした。

もちろん毎日お水をやっていたし、日当たりにも苦心して日の当たるところに思い鉢を動かしたり、いろいろやってはみたのですがねえ・・・。

ちゃんと間引かなかったのがよくなかったのかなあ。

などと思いつつ、早9月。

ひょろこは依然、葉が青々としていますが、背丈は伸びず。いったいどうなっているんだろうと、おそるおそる一株引っこ抜いてみました。

すると! PIC00011

こんな小さな超ミニにんじんがちゃんとなっていたのです!→→→→

わかりにくいのでもう少しアップにしてみました。

PIC00012 地上部の込み合いをよそに、地下ではがんばって育っていたのね。

今晩、洗って食べてみま~す♪(おいおい、食べるんかい)

今度はせめてミニにんじんを育てたいな。

また挑戦してみます。

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »